LOG IN

信楽焼の傘立て

by よしぱん

傘立ての思い出。

10歳の時、新築の家に引っ越した。週末になると親戚が家を見に来たり、家具屋さんにテーブルやソファーを買いに行ったりで、子どもにとってはあまり楽しくない休日が続いた。

半年程して落ち着いた頃、「今日は傘立てを買いに行くよ!」と言われ、あー、また家具屋さんかぁ…と思いながら車に乗ったのを覚えている。いつもよりも遠出で、目的地は滋賀県の信楽だった。

お店の前にずらりと並ぶ陶器のタヌキに圧倒されて、父と母が傘立てを選んでいる間、私と弟はこの非日常の空間を楽しんだ。

自分の番になって

今年、家を建てて、引っ越した。半年経ってようやく落ち着いたのかな。旦那が「傘立てを買いに行きたい。」と言った。私は昔を思い出し、「信楽に見に行きたい!」と返した。

「お出かけするの?」と3歳の息子が嬉しそうに車に乗り込む。道中、どんな傘立てが良いとか、予算はいくらにするかとか、旦那と話し合った。傘立て1つでこんなに盛り上がれるのだから、我が家は平和だな。

私は「予算1万円」と言い、旦那は「2万円」と言ったけど、本当は2人とも、信楽焼の相場なんて知らない。「行ってみて10万円とかだったらどうしようね…」と一抹の不安を感じつつ、信楽に到着した。

いろんなお店を見て回るつもりだったけど、最初に行った「大小屋」さんに、1つに絞るのが難しいぐらいステキな傘立てが沢山あった。しかも価格帯は大体1万円!予算が偶然的中した私は旦那に「ほらね」とドヤを連発した。

非日常空間にはしゃぐ3歳児を交代でガードしつつ、夫婦で傘立て総選挙を繰り広げる。
結果、外側が白・中側が黒の四角くてスタイリッシュな傘立てと、いかにも信楽焼〜な陶器の真ん中にフクロウがとまっているものの2択まで絞れた。同率1位なのでいったん冷却タイムのランチへ。

大小屋さんのランチは、美味しいけど価格が高め。ロケーション代と陶器のうつわ台ね。

食べている間になんだかフクロウが愛おしくなった私達、食後にあっさりフクロウに決定。

購入すると、カフェで使えるコーヒー500円引き券がもらえた。ランチ前に買っておけば良かった。

フクロウさん、我が家へ。

https://www.instagram.com/p/BJYwGkLB-FB/

家に帰って玄関に置くと、フクロウがお迎えしてくれているようで愛おしさ倍増。

息子に命名権を与えたら「フクロウちゃん!」と元気に答えてくれた。でも、そのまんま過ぎるので大人の力で「フクちゃん」に決定。

毎日保育園から帰って来たら、「フクちゃん、ただいま!」と言う3歳児。素直だ。いつか大人になって傘立てが必要になった時に思い出してくれたら嬉しいな。



よしぱん
OTHER SNAPS