LOG IN

文体に人柄があらわれるって。

by よしぱん

リクリ「Webデザイントレンド」の「フォントセッション」で。

先週参加した「Webデザイントレンド」のフォントセッションで鷹野さんが仰ってた、「テキストに人柄が出る」「サイトパーソナリティー」が面白かった。

ですます調で書くのか、漢字はひらくかひらかないか(下さい or ください)などなど…

文章の内容以外にも、こういったところに個性が出るんだなぁと改めて実感した。

g.o.a.tでは敬語をやめてみようと思ったけど…

私は普段yoshipan.comでは「ですます調」で書いてるけど、g.o.a.tに関しては意識的に「こっちのブログでは敬語をやめよう」と決めた。

自分の中では「ですます調=人に読んでもらいたい文章」、「である調=自分のための整理・メモ」という位置づけだったけど…これがすっごく書きにくいのね!!

特に最初はライフログ・アイデアノートとして使おうとしていたg.o.a.tが書いているうちに楽しくなってきて、フォロー機能も追加されるとやっぱり人にも読んでもらいたい欲も出てきて、結果、自分で作った縛りに苦しめられている、今。

ああ、テキストにパーソナリティが出るってこういうことか、と、鷹野さんのセミナーがすとんと腑に落ちた。

このエントリーをはてなブックマークに追加






よしぱん
OTHER SNAPS